債務整理を依頼する法律家の種類と言うのは

債務整理というのは、実は裁判所を通さないのであれば自力で交渉できます。その余地がしっかりとありますから、実は自分でどうにかできる可能性もあります。しかし、これはそんなにお勧め出来る行為ではないです。まず、相手から信用されない可能性がとても高いです。債務整理とは要するに借金の減額や利息の停止、或いは免責などを依頼することになります。だからこそ、キチンとした法律家を代理人にする必要があります。その種類というのがいくつもあります。
その一つとしてあるのが、弁護士です。弁護士であればすべての法律業務の代行をすることができます。これは代理人として立てる人としては最高の信用度になります。まず、こちらの財産や収入、返済能力に関することを把握して、相手を説得してくれます。自力でやろうとすることにおいて、難しいのがこの証明になります。つまりは、本当に返済ができないから債務の減債などを申し出ているのか、という疑問があるわけです。信用されないわけであり、その点を補えるのが弁護士という資格になります。ですから、基本的にはお勧め出来るのが弁護士に依頼することです。他にも司法書士などもよいでしょう。他にも法曹資格はありますが、弁護士か司法書士になります。