自己破産は債務整理としては最上になります

最上といえる債務整理は自己破産になります。最上といってもベスト、というわけではなく、効果として最も強いだけの話です。任意整理や特定調停で済ませることができるのであれば、そのほうがよいです。また、自己破産であっても免責されないタイプの借金、債務はあります。借金、というわけではないですが、慰謝料などは駄目です。これを認めてしまうと明らかなモラルハザードが発生したり、極端に弱者が酷い目を見ることになってしまう可能性がありますから、それは認められないです。また、意外と失敗することがあるのが債権者の優劣をつけてしまうことです。義理が強くあるほうの支払いを優先していたりしますと認められなくなります。後は奢侈、投機なども認められないタイプの借金になります。ギャンブルは色々とありますし、投機も最近ではFXもありますし、信用取引などもしやすくなっていますから、このような失敗をしている人が多くなっています。こうした人達は自己破産ができないです。免責不許可の事由であるからです。自己破産はとてもよい制度であるといえます。人生をやりなおすことができるようになっている制度です。但し、誰でも良い、というわけではないのは理解しておくべきです。