個人再生というのは債務整理の中でも返済がまだ続く

債務整理で最も大きな効力があるのが自己破産です。これは債務が帳消しになるわけですが、何もそうした物ばかりが債務整理というわけではないです。債務整理の中でも債務の返済がまだ続くやり方の一種として個人再生があります。まずは、これを目指すことがベストである、ということが多いです。個人再生の内容としては、債務が5分の1になる、或いは100万円になる、ということです。当たり前ですが、5分の1にした場合、100万円以下になるのであれば、それは100万円になります。また、住宅ローンを除く、債務が5000万円以下、という条件があります。そこが実はかなり難しいことになっている場合もあります。それでもいくつもメリットがあるやり方でもあります。具体的にいいますと人に知られる可能性が極めて低いです。絶対にない、というわけではないですが、特に周りに告知される、公示されることもないので会社などに知られないことが多いです。更に言えば家族にも知られないことすらあります。ですから、とにかく、世間体が大事であるというのであれば、基本的には個人再生の道を選択するべきです。但し、できるのかどうか、というのはまた別儀になります。