債務整理の自己破産は弁護士と司法書士どちらが良いか

債務整理である自己破産の手続きの依頼先は主に弁護士、司法書士と言った士業となります。
自己破産は殆どの方で一生に一度経験するだけなので、どちらに依頼して良いのか分かり難い事が多いです。
弁護士と司法書士では代理権について大きな違いがあります。
弁護士では依頼主の代理人となって手続きを進める事が可能です。
しかし司法書士には代理権が無く書類の作成は行って貰えますが書類の提出は本人自ら裁判所に行わないといけないです。
弁護士に代理人になって貰うと即日面接や少額管財事件と言った制度のご利用が可能ですが、代理権の無い司法書士ではご利用ができないです。
即日面接では自己破産の手続きを1か月から2か月早く終了させる事が可能、少額管財事件では最低50万円かかる予納金を最低20万円までに抑える事が可能です。
ご利用できる弁護士のほうがメリットが大きいです。
その代わりに弁護士は20万円から40万円の費用がかかりますが、司法書士であれば15万円から35万円と費用を安く済ませる事が可能です。
できる手続きはなるべく本人自ら行い、その他は専門家にお任せして費用を抑えたいと言う場合は司法書士のほうがメリットがあります。
専門家への費用には相談料もありますが、債務整理のご相談であれば無料と言う事務所が多くなっています。

自己破産というのは、債務整理として非常に強力になります。これがとても重要なことであり、制度として非常に素晴らしいです。しかし、そんなに簡単にやるようなことでもないです。具体的にいいますと金融信用情報がかなり悪くなるからです。傷が強くついてしまう、ということです。金融信用情報に傷がついてしまうとどうしてもその後の人生に不利になります。それでも借金がどうしても返済できないのであれば、やるしかないでしょう。債務整理の中でも自己破産は最終手段になります。また、個人的にやろうとするのは不可能です。しっかりと司法書士なり、弁護士に依頼することが必要になります。これに費用がとてもかかることになりますから、覚悟はしておいたほうがよいでしょう。しかし、債務がチャラになる、というのはとても大きなメリットであるといえるでしょう。上手くすれば人生をやり直すことができるのです。これが大きい利点として自己破産は行われているわけです。但し、それでも誰でもやることができるわけではないので勘違いしないことです。あくまで重要になってくるのは本当に返済が無理なのか、免責不許可の事由に該当していないのか、ということになります。

▼こちらも参考までに
任意整理の具体的なデメリットがわかる